公務員試験の時事問題対策

時事

今の公務員試験は時事問題の比率が非常に高くなっており、時事こそが公務員試験における最重要科目であると断言できます。

 

時事は教養試験でも専門試験でも出題されますので、時事は絶対に対策すべきですし、対策すれば大きな得点源になります。

 

 

「時事を制す者が公務員試験を制す」と言っても過言でありません。本当です(笑)。

 

だからこそあらゆる媒体を使って勉強することをオススメします。

 

 

公務員試験時事対策

 

まず参考書で対策する場合、最もオススメなのが「公務員試験 速攻の時事」です。

 

毎年改訂されるのでリンクは貼りませんが、検索すればすぐ出てきますし、大抵どこの本屋にも売っているでしょう。

 

 

それくらい定番の参考書です。

 

どんなに時間が無くても、これだけは絶対に読んでおくべきです。

 

そして余裕があれば姉妹本の「公務員試験速攻の時事 実戦トレーニング編」で問題演習をこなすのもオススメ。

 

 

また、そういった通常の勉強に加え、普段からいかにニュースに触れているかというのも鍵になります。

 

新聞を読むというのが一般的な対策ですが、それに加えて日々ニュースやワイドショーを観る、2ちゃんねるのまとめサイトを読むなどあらゆる媒体で対策すべきです。

 

あまりワイドショーや2ちゃんまとめサイトで公務員試験の時事対策をしろって言う人はいないと思いますが(笑)、実際こういったものは面白くて興味を持てるものほど頭に残ります。

 

ワイドショーもまとめサイトも面白く観れる、読めるように工夫されている媒体ですので、勉強の息抜きなんかに観たり読んだりするだけで大分力がつきます。

 

 

それにプラスして私が常に推奨しているツイッターでも時事対策はできます。

 

日本経済新聞 電子版 https://twitter.com/nikkei

 

をフォローして見出しを読むだけでも最新のニュースが掴めます。

 

 

このように時事は普通の勉強ももちろん大切ですが、それ以上にあらゆる媒体を活用して常日頃から話題のニュースに触れていることが大切です。

 

勉強の息抜きとしてテレビを観たりネットサーフィンをしたりという行為が自然と時事対策に結びつくようになれば完璧ですね。

 

 

ただの息抜きがいつの間にか公務員試験最重要科目の対策と化すわけです。

 

是非このような意識を持って時事を対策してみてください。

 

 

時事の最も簡単な対策、結論

 

「公務員試験 速攻の時事」を読み、「公務員試験速攻の時事 実戦トレーニング編」で問題演習をこなす。

 

またあらゆるメディア媒体を活用し、ニュースに触れるようにする。